ニュース&トピックス

2021.07.01
特集ページ

【夏の特集】浴衣メイクで過ごす夏の一日

 

よーじやアイテムが
夏の一日に小さな幸せを運びます

 

お出かけの機会がめっきり減った今日この頃ですが、せっかくの夏本番!
こんな時だからこそ季節を愛でる気持ちを忘れずに、
夏ならではの楽しみを見つけませんか?

浴衣に着替えて、人通りの少ない道をちょっとお散歩するだけでも、
きっと素敵なリフレッシュになるはず♪
ちょっぴり特別な夏のワンシーンを、よーじやアイテムが演出します。

 

 

 

浴衣メイクで過ごす夏の一日 with よーじや

 

 

 

 

7:00
洗顔と化粧水で肌を整える

 

 

基礎化粧品「うるおいぷらす」シリーズで、しっとりもちもち、朝の保湿ケア。
「うるおい洗顔フォーム」の濃密泡で、寝ている間に分泌された皮脂の汚れや蓄積された角質、ベタつき、毛穴汚れをリセットしたら、天然保湿成分ヒアルロン酸をベースに配合した「うるおい化粧水」で、化粧ノリの良いふっくら肌に整えます。
※敏感肌の方は「やさしい熟成せっけん」での洗顔もおすすめです。

 

 

ピックアップアイテム
10:00
浴衣に着替えメイクアップ

 

 

夏の風物詩・浴衣に着替えたら、「粧具 フェイスカラー」を使った伝統色メイクでおめかし。
お出かけ前の日差し対策には、うるおいを補給しながら肌を守る、スキンケア発想の日焼け止め「UVプロテクション」がおすすめです。
「オードトワレ」の上品なフローラルの香りを身にまとえば、お出かけ中も気分は晴れやか♪

 

おすすめ浴衣メイク

 

 

ピックアップアイテム

 

13:00
携帯アイテムでお出かけ中もきれいをキープ

 

 

外出時のお役立ちアイテムは、「ぽーち in ぽーち」で中身をすっきり整理できる、「京ぽーち」にまとめて収納。
あぶら浮きや化粧崩れが気になった際に大活躍の「あぶらとり紙」「おしろい紙」に加え、お出かけ先でもしっかり手洗いができる「紙せっけん」も忘れずに。

 

 

ピックアップアイテム
20:00
帰宅してメイクオフ

 

 

メイクオフはクレンジングと角質ケアが同時にできる「うるおいくれんじんぐ みるくタイプ」で。
天然純棉100%の「純棉こっとん」にクレンジングをなじませたら、顔の中心から外側へ、円を描きながらマッサージするようにしてメイクを落としていきます。
古くなった角質を柔らかくほぐしながら、毛穴奥のメイク汚れまですっきり、クリアな肌に導きます。

 

 

ピックアップアイテム
21:00
酵素洗顔と入浴剤でくつろぎのバスタイム

 

 

皮脂の分泌量が増えやすい夏は、洗浄成分・パパイン酵素の力でつるすべ肌に導く「つやび(洗顔パウダー」の使用がおすすめです。
余分な脂分や老廃物をきれいに落とす「和紙たおる」で全身を丁寧に洗ったら、天然保湿成分セリシン配合の「まゆごもり入浴液」でしっとり肌へ。
入浴後は「角質ケアくりーむ」でひじ・ひざ・かかとのザラつきをケアして全身美肌に。

 

 

ピックアップアイテム
23:00
就寝前のスペシャル保湿ケア

 

 

就寝前は化粧水に加えて「うるおい美容液」+「うるおい紙(フェイスマスク)」で重点的に保湿ケア。
天然保湿成分ヒアルロン酸によるベール効果で、水分を閉じ込め、肌をうるおいで満たします。
また、ボディの保湿ケアにはモイスチャーバリア処方の「まゆごもりボディミルク」を。
天然保湿成分セリシンが肌表面を保護しながら、角質層までしっかりとうるおいを届けます

 

 

ピックアップアイテム

 

 

 

相性抜群!おすすめ浴衣メイクのご紹介
2021年流行の浴衣は、白色または紺色のレトロ柄。
それぞれのカラーをより引き立たせる、この夏イチオシの浴衣メイクをご紹介します。

 

1. 白色の浴衣におすすめ!赤を利かせた大人メイク

 

 

使用色
粧具 フェイスカラー 唐茶色
(からちゃいろ)
  
粧具 フェイスカラー 紅梅色
(こうばいいろ)

粧具 口紅 艶紅(つやべに)

 

  • 《 目元 》
  • A- 唐茶色をアイホール全体にふんわりと入れる
  • B- 目頭からアイホールの中間くらいまで唐茶色を重ね付けして立体感を出す
  • C- 紅梅色で中心から目尻に向かって、ゆっくり跳ね上げるようにアイラインを描く

《 口元 》
艶紅で唇の山を強調して塗り、上品な印象に

 

チークレスのメイクはリップを目立たせるのがポイント。唇の山をしっかり意識して塗るのがおすすめ。「口紅 艶紅」など発色感の良い赤色が着物を引き立てます。目元は同系色のアイシャドウを使用するとすっきりまとまります。

 

 

 

2. 紺色の浴衣におすすめ!可憐な印象のカラーメイク

 

 

使用色
粧具 フェイスカラー 菜の花色
(なのはないろ)
  
粧具 フェイスカラー 牡丹色
(ぼたんいろ)

粧具 口紅 薄紅(うすべに)

 

  • 《 目元 》
  • A- 菜の花色をアイホール全体にふんわりと入れる
  • B- 牡丹色を目頭にのせて利かせ色に
  • C- 牡丹色で中心から目尻に向かって、少し長めのアイラインを描く

《 頬 》
菜の花色+牡丹色を少しずつ重ね付けして、フレッシュな明るさをプラス
《 口元 》
唇中央に薄紅を重ねてぽってり感を出し、艶やかな唇に

 

アイシャドウに使用する菜の花は、まぶた全体に淡く広くのせるイメージで。目の際に沿ってラインをひくように牡丹色をのせます。口紅は、唇の中心に多めにすることでより艶やかさを演出します。

 

 

 

使用アイテム

 

 

ボディタオル・ボディスポンジはこちらをチェック

 

一覧に戻る

複数の住所が見つかりました。下記より正しい住所を選択してください。

※住所が該当しない場合はお手数ですが、直接ご入力ください。